アメリカで人気沸騰のパターが日本上陸!クリーブランド『ハンティントンビーチコレクション パター』

クリーブランドゴルフ本社があるアメリカ西海岸の美しい街の名前を冠した『ハンティントンビーチコレクション パター』。クラシックな外観とスコアアップのための先端技術を融合させ、アメリカで好調なセールスを記録している最新型パターが、3月中旬、日本でも発売を開始。アメリカのゴルファーやメディアの間で話題を呼んでいるその秘密とは?

ソフトな打感と安定感のある転がりを生む“極深”ミーリング

 『ハンティントンビーチコレクション パター』の最大の特長は、きわめてソフトな打感。それを生み出しているのが、独特のフェースミーリングだ。
 ボールに接するフェースの表面積が小さければ小さいほど、打感はやわらかくなるが、このパターでは、「SUS304ステンレススチール」というやわらかい素材に、ダイアモンド型の非常に深いパターンのミーリングを施し、ボールに触れる表面積を小さくしている。それが、打感をソフトにするうえ、ボールとの摩擦力を適度に高めるため、安定感のある転がりをもたらす。

ハンティントンビーチコレクションのフェースミーリングの深さは最大0.3ミリ。これは、他社製パターのフェースミーリングと比べて約4倍という深さで、高い質感も生み出している。

構えやすく、ミスヒットが少ない2つのクラシック形状

 プロ・上級者からアベレージゴルファーまで、幅広い層のゴルファーに長年愛用されているクラシックな形状を採用したのも、ハンティントンビーチコレクションの人気の理由。
 シャフトの延長線上でインパクトできるため振りやすいクランクネックを採用した「ブレードタイプ」(下・左)は、ヘッドを構えた時のトゥからヒールにかけての絶妙な曲線が全体の印象をやわらかくしている。また、同様にシャフトの延長線上でインパクトすることでミスヒットを減らすダブルベンドシャフトを装着した「マレットタイプ」(下・右)は、フロントからバックにかけての滑らかなラインが、構えやすさと確実性を高める。
 ソフトな打感とハイパフォーマンス、そして高い質感を、手ごろな価格で実現したのも、アメリカで人気を集める理由。日本では1万2000円(メーカー希望小売価格、税別)で手に入るハンティントンビーチコレクションをぜひお試しあれ。

男性用モデルより1インチ短い33インチで、ピンクの専用グリップを装着した女性用モデル(ブレードタイプのみ)もラインナップ。

ハンティントンビーチ(Huntington Beach)とは?

アメリカ・カリフォルニア州南部のオレンジカウンティにある都市。クリーブランドゴルフが本社を構える。1年を通して温暖な気候で知られ、太平洋に面した全長約14 km の海岸には世界中からサーファーが集まる。

※『ハンティントンビーチコレクション パター』の詳細はこちらをご覧ください。