NEWS RELEASE
2014年10月

〜松山英樹プロ監修ウエッジ〜
クリーブランド「588(ゴーハチハチ)RTX (ローテックス)※1 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ」を新発売

 ダンロップスポーツ(株)は、米国をはじめ世界中のウエッジ市場で高い評価を受け続けているクリーブランドゴルフから松山英樹プロが監修した「588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ」を2015年3月から新発売します。世界のツアーで活躍する松山プロのリクエストやアドバイスを最大限に反映したモデルで、ヘッド形状、フェーステクノロジー、仕上げにこだわっており、操作性がよくプレーヤーのイメージ通りに打てるウエッジです。価格はオープンです。
※1: 「ROTEX Technology(ローテックス テクノロジー)」の略。フェースを開いて溝方向が変わってもスピン量が安定する設計技術。
588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ
ロゴ:Cleveland GOLF
588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ
588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ
■クリーブランド「588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ」の特長
1.松山プロのこだわりを反映したヘッド形状
(1) 「588 RTX 2.0」と比較し、ヒール部の高さを抑え、開きやすさを追求した松山プロオリジナルのティアドロップ形状です。
(2) トウ下部を逃がすことでカットショットのイメージを出しやすくしました。
(3) トップラインをストレートにしたことでシャープになり構えやすくなりました。
左:588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド 右:588 RTX 2.0
588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド  588 RTX 2.0
2.フェーステクノロジー
(1) 「ツアージップグルーブ」は、溝の幅を広げて容積を増やすことで異物排除効果を高めると共に、従来モデルよりも溝の肩部分の角度を小さくしてエッジを効かせることでスピン性能を向上させています。
(2) カーブ状の「フェースパターン」は、ラインを深く粗くすることでスピン性能を向上させています。また、ライン間の幅に強弱をつけることで、ミーリングの視認性も向上しています。
(3) スコアラインと並行に走る「レーザーミーリング」は、従来モデル同様にコンピューター制御による精密な加工によりルール上限に近い深さを実現し、スピン性能を向上させています。
3.仕上げへのこだわり
(1) サテン仕上げ、ミラー仕上げ、ショット仕上げの組み合わせのヘッド仕上げにしました。
(2) ネック部分にもロフトとバンスを表記し、オリジナルのローレット加工を施しました。
■クリーブランド「588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ」の概要
◇発売日 2015年3月(予定)  ◇価格 : オープン  ◇MADE IN JAPAN
◇ヘッド素材 軟鉄(S20C)  ◇ヘッド製法 : 鍛造+フェースミーリング形状ラインレーザー加工
◇仕上げ サテン仕上げ/ミラー仕上げ/ショット仕上げの組み合わせ
◇グリップ アクションフィールグリップ(クリーブランドロゴ入り)
◇番手別仕様
モデル 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ
ロフト角(°) 48 50 52 54 56 58 60
バンス角(°) 8 10 12 10
ライ角(°) 64
フェースプログレッション(mm) 4.5 5.0 5.5 6.0
クラブ長さ
(インチ)
ダイナミックゴールド 35.5 35.375 35.25 35.125
N.S.PRO 950GH 35.75 35.625 35.5 35.375
バランス ダイナミックゴールド D2 D3 D4
N.S.PRO 950GH D2 D3 D4
クラブ重量(g) ダイナミックゴールド 464 466 470 472
N.S.PRO 950GH 440 442 444 446
バンス角は当社独自の計測法に基づいた実効角度を表記しています。そのため一般的な計測方法による数値と異なる場合があります。
クラブ重量は目安としてお考えください。
上記スペックは変更となる可能性があります。
◇シャフト
モデル 硬度 重量(g) トルク 調子
ダイナミックゴールドシャフト S200 129 1.2 手元
N.S.PRO 950GHスチールシャフト S 98 2.0〜1.6
シャフト重量はシャフトメーカーのカタログ記載公表値(カット前)です。

一覧に戻る