クリーブランド「RTX」シリーズ史上最高のスピン性能を搭載 NEW RTX4 ウェッジで3人のアマチュアがスコアアップにチャレンジ!! クリーブランド「RTX」シリーズ史上最高のスピン性能を搭載 NEW RTX4 ウェッジで3人のアマチュアがスコアアップにチャレンジ!!

今回、年齢も平均スコアも異なる3人のアマチュアゴルファーが集合。
静ヒルズカントリークラブ(茨城県)のパー3コースで、
前半を自身のウェッジ1本、後半を「RTX 4」1本でそれぞれラウンドし、
スコアアップにチャレンジしてもらった。

RTXシリーズの最新作、
RTX 4の進化したポイントとは?

RTX 4最大の特徴は、「RTX」シリーズ史上最高のスピン性能を実現したこと。溝は、歴代でもっとも深い「ツアージップグルーブ」を採用。また、フェースには2種類のミーリングを施し、表面をより荒く仕上げた結果、摩擦力が増した。スピン量がアップしただけではなく、安定したスピン性能を発揮。これにより、フェアウェイはもちろん、ラフからでも距離の正確性と方向安定性が向上している。
ロフト48度から2度刻みで60度まで展開。しかも、使用頻度の高い56度は3種、58度では4種のソール形状をラインナップ。スウィングタイプやコースコンディションに応じて最適なソールをチョイスできる。

PRO’S IMPRESSION ラウンド前に鳥井プロが試打

「RTX 4」でショットを繰り返す鳥井プロ。「RTXシリーズ史上最高のスピン性能」はやはり本物だったようだ。

「スピンがかかりすぎちゃった!」
手前から攻めるっていうか、スピンありきで考えていったんですけど、(それでも)かなり戻りすぎちゃったなあと思います。このフェースの感じなんですかね。打感もかなりスピンがかかってるような感触は手に伝わります。

精密なレーザーミーリングに加え、2種類のミーリングを施して粗さを向上させ、より摩擦力を増したフェース面。鳥井プロが「このフェースの感じ」と評したように、触るとフェース面がザラザラしているのがわかり、いかにもスピンがかかりそうだ。
また、シリーズ歴代で最も深いフェース溝設計の効果もあり、あらゆる条件下で安定したスピン性能を発揮する。

抜けがかなりいいので、
方向もよくなるようなイメージはありました

鳥井プロが指摘した抜けのよさは、あらゆるライに対応できると好評のVソール形状「MID」のおかげだ。ロフト48度から60度まで2度刻みまで展開するRTX 4は、この「MID」をベースに、使用頻度の高い56度にはソールに削りを入れていない「FULL」、トウ及びヒールを削った「LOW」の計3種類、58度ではトウ・ヒールに加えてさらにソール後方を大きく削った「XLOW」も含めた計4種類のソールバリエーションを用意。プレーヤーの好みや使い方に合わせてウエッジを選ぶことができる。

PRO’S IMPRESSION よりセンター重心に近付け、
ヘッド挙動が安定

鳥井プロを驚かせた驚異のスピン性能。だが、RTX 4の特長はもちろんそれだけではない。

とくに注目したいのは、契約プロもテスト時に大絶賛したという打感と飛距離コントロール性能。一般的なウエッジは、ネックが長いため、ヒール寄りの重心になっていますが、RTX 4はネック側の重量をヘッドに配分し、バックフェース面に段差を入れることによって、よりセンターに近い重心位置を実現しました (鳥井プロ)

重心位置をさらにフェースセンターに近付けたことで、従来モデル以上にやわらかい打感と安定したヘッド挙動を実現。また、重心が「NEW スリクソン Zシリーズ」とほぼ同じ位置に設計されているため、アイアンと同じイメージでスイングすることができる。
「アイアンと同じイメージ」でいえばもうひとつ、ヘッド形状もある。低ロフトの番手では、アイアンからのつながりのよさを意識して、リーディングエッジをストレートにしている。
逆に、高ロフトではラウンド形状にすることで、構えた時の安心感と操作性のよさをそれぞれイメージさせる。また、トウ側の高さを維持しつつヒール側の高さを抑え、ツアープロ好みのコンパクトでシャープな形状とした。

RTX4 AMA’S IMPRESSION で全員スコアアップ成功! RTX4 AMA’S IMPRESSION で全員スコアアップ成功!

プロフィール

齋藤慎二 さん 61歳/平均スコア70台

ウェッジは
めちゃくちゃ好き

RTX 4・56°LOW

北田竜大 さん 39歳/平均スコア80台

寄せはウェッジで
上げる派

RTX 4・58°MID

植田忠俊 さん 48歳/平均スコア90台

練習量の2/3は
ウェッジ

RTX 4・56°FULL

結果

コメント

齋藤慎二 さん

距離を合わせることによって、(そのキャリーで)ピッタリ止まる。あと、私が気に入ったウエッジはほんとに抜けがいい。バンカーも今日あえて入れたんですけれども、そのバンカーショットもやはり普段よりもスピンが効くので、それさえわかっていれば、ベタピンに止められると思います

北田竜大 さん

普段、古いクリーブランドのクラブを使っていますが、やっぱり最新のクリーブランドのクラブのほうはスピンが効きます。今までスピンって効いたことなかったが、今日1日使わせていただいて、よく止まって、ましてや戻ってくれることが何度かあったのでビックリしました

北田竜大 さん
植田忠俊 さん

まず安心して構えられます。(スピンが効くので)ピンを直接狙っても大丈夫だっていう安心感から、振れるという感じがすごくしました。すごくいいクラブだと思います

PRO’S CONCLUSION

普通に打ってもスピンがかかります。かなりオーバーに狙っても、思ったより止まるので、アマチュアはとくに安心して攻めていけると思います。打感もやわらかく、スピンが効いている感触が手に伝わります。ソールのパターンがこれだけあるのもすごいですね。私はバンスが少ない「XLOW」が気に入りました。
フェースを開けない人、バンカーから楽に脱出したい人にはバンスが大きい「FULL」「MID」。操作したい人、開くと歯が浮くのを嫌う人には、バンスが少ない「LOW」「XLOW」がおすすめです。実際にRTX史上最大のスピン性能、打感、コントロール性能を感じていただけると思います。あなたも、「RTX 4」でスコアアップにチャレンジしてみては?